Skip to main content.

気温の低下と血圧

ここのところ、台風が通過する度に急に気温が低下する様子です。最近来院の患者様の中でも、特に普段から高血圧気味の方の血圧上昇が見られます。
20131005-col07_s.jpg
気温の低下でも体温を下げないように、自律神経の作用で血管が縮むのも一因だと思われます。
一般的に冬に血圧が高めになることは知られていますが、季節の変わり目の9月10月は急激な血圧上昇が見られるとの調査報告もあります。

高血圧気味の患者様の足首や下腿部の硬結感をやわらげることで、一時的に血圧が下がる事を当院でも良く経験します。
20131005-col10_s.jpg
脳血管障害などの危険性が増す、季節の変わり目のこの時期、寒暖の変化に服装の対応も大事ですが、適当な運動も重要です。陽気の良い日は散歩などで足首や下腿部を柔軟にほぐしましょう。

コメント

コメントはありません

コメントを書く

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。